【公式サイト】旅館 ニュー泊﨑荘

宮城県南三陸町の海辺にある旅館です。

田束山登山~行者の道と自然の芸術~

約 5 分

山登り好きなみなさん、こんにちは!

ニュー泊﨑荘の上井です。

GoGoLetsGO!田束山登山!

ということでニュー泊崎荘から車で20分の田束山登山にいってまいりました。
2月の下旬のまだ寒い時期でしたが、虫もいなくて
歩きだせば気温も丁度良く絶好の登山日和となりました。

田束山(512m)〒988-0478  宮城県本吉郡南三陸町歌津樋の口150 
登山ルート:行者の道登山口~蜘蛛滝~穴滝~田束山~三十三観音~折り返し下山

今回は初田束山ということで、車ではなく行者の道コース。
舗装された登山道に比べるとややハードではありますが、
自然とふれあいながらの登山は何とも言えない
心地よさと、元気を与えてくれます。
自然の織り成す芸術作品も数多く見られました。(下記写真ご参照)

以下田束山の説明引用です

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

田束山(たつかねさん)は古くから本吉地方の人々の信仰を集めてた霊山である。
平泉の藤原秀衡がこの山一帯に羽黒山清水寺、田束山寂光寺、
そして幌羽山金峰寺の三つの寺院を建立し、自分の第四子の本吉四郎高衡に司祭をさせたと伝えられている。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

霊山という事らしいので
山々に散らばった神々様に会いにまいりましょう!

そんな魅惑のパワースポット登山レッツエンジョイ!

P1020740

登山前の一突き。鐘があったら人は鐘を鳴らしたい衝動に駆られます。例にもれず「カーン」っといい音出ていました。
手前に見えるチャーミングな笑顔のこの方は、若女将の友達中島さん
ジーマさんというニックネームがあるらしいのでみんなでジーマ隊長とおよびしましょう!(田束山冒険隊隊長)

奥に見えますのが、当館の若女将、笑っています。
クリちゃんロールケーキでお馴染みのくりこさんです、自然が大好きのようです。

P1020750

スタート地点前、この風景だけでもなんだかワクワクします。

P1020751

行者の道へGoGoGoー!

P1020753

まだ足取りも軽いです

P1020759

スタート地点からほどなくして発見!
人間が石にまたがっている様にしか見えないこの木。
何かが宿っているのでしょうか。見れば見るほど不思議でした。

P1020766

自然が織りなす芸術作品ただ生きていることの神秘シリーズ1~
岩の隙間から垂れる枝とつららと沢。
思わずシャッターも進みます。

P1020817

自然が織りなす芸術作品ただ生きていることの神秘シリーズ
枝につららが出来ているだけなのですが、綺麗ですね。

P1020798

このくも滝というのは、雲の様な滝ではなく、昔大きな土蜘蛛が滝に住み着いていて、
しばしば行者を悩ましたところからこのように命名されたようです。

P1020833

くも滝です。

P1020811

自然が織りなす芸術作品ただ生きていることの神秘シリーズ
くも滝横で発見!今の季節はつららが見頃です。

P1020816

自然が織りなす芸術作品ただ生きていることの神秘シリーズ
単なるつららのはずが、見る場所によって感じ方が違うようです。

P1020839

楽しんでいるようです。

P1020843

自然が織りなす芸術作品ただ生きていることの神秘シリーズ
どうやら今の季節はコケも見ごろを迎えている様で、至る所で咲き誇っていました。

P1020849

途中こんな大きな杉の木に遭遇しました。
3.5人分でしょうか。立派な巨木はパワースポットの証ですね。

P1020894

あな滝です

P1020880

わぁ、穴があるよー。

P1020876

あな滝です。
滝の中央に深さ一間の穴が開いていて、樋ノ口荒沢不動尊の安置のところと伝えられているようです。
慈覚大師が滝壺で座禅をしたと言われているらしいです。
本来であれば、中に入って写真を撮るのがお決まりなのでしょうが、
それはまた暖かくなってからとしました。

P1020884

当館おすすめの絆ロールケーキでございます。ニコリ 
タコの様なつららです。つららが見頃を迎えています。

P1020891

自然が織りなす芸術作品ただ生きていることの神秘シリーズ
これも純粋な自然サイクルが造り出した偶然のたまものですね。

P1020902

そう言えば、田束山はなすびさんも登ったようですね。
以下環境省_みちのく潮風トレイルについての引用です。

 

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『東北海岸トレイル』(公募の結果、名称は『みちのく潮風トレイル』に正式決定しました)とは、
東北地方太平洋沿岸地域に整備するトレイルコースのことです。

トレイルとは、森林や原野、里山などにある「歩くための道」を指す言葉です。歩くスピードで旅することで、
車の旅では見えない風景、歴史、風俗や食文化などの奥深さを知り、体験する機会を提供するものです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

要は東北海岸の歩く道の事の様です。

P1020901

沢から離れたあたりから、景色が寂しくなってきます。
この写真のあじさいはなんだか寂しそうにうつります。
そう思ってしまうだけなのでしょうが。皆さんの目にはどううつるのでしょうか。

P1020910

影絵の様です。カメラマンの失態。

P1020920

やってきました頂上!終始天気は晴れでした。
この時期は誰もいなくて、ほぼ貸切状態でした。
気持ちのいい景色にあたたかい日差し。幸せな時間が続きます。
3時間半ほどの登山だったでしょうか。自然の癒しを受けながろの登山は
疲れる事をしらないようです。絶景を前になお元気になります。空気、水がとにかくおいしく感じます。

P1020924

奥に見える半島が泊崎半島です。

P1020932

三十三観音様も気仙沼を眺めています。見守って下さっているかのようです。

P1020941

パノラマも映えます。空と海と山の三重奏。

P1020951

さぁ、下山は俊足です。途中アクロバティックな下山をしたのですが、
写真が無いのが残念です。

締めは、中華の田中でお昼御飯です。
自然とのふれあいは落ち着きと癒し、感動を与えてくれました。

田束山に登られる際は、自然の芸術が味わえる「行者の道」もおすすめです。

南三陸町にお越しの際は、山登りしてみてはいかがでしょうか。

特に5月下旬から6月上旬にかけて、田束山山頂は5万本の山つつじが咲き誇り、
全山を朱色に染める風景を見ることが出来ます。

下記写真のようなつつじがご覧になれます。
田束山

ご拝読ありがとうございました!

 

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。